ホーム > 開発秘話

開発秘話

「金ちゃんラーメン」はこうして生まれた

いま明かされる「金ちゃん」の意外なルーツ!

皆さんは「金ちゃんラーメン」の「金ちゃん」とは誰なのかご存知でしょうか?
「金ちゃんラーメン」の生みの親は、徳島製粉社長・田中殖一(たなか・ふいち)です。
社長の名前からは「金ちゃん」とは結びつきません。

なんと「金ちゃん」のルーツは小麦粉「金鶴(きんつる)」にありました。
創業当時、徳島製粉はその名の通り製粉業が中心で、自社ブランドの小麦粉として今も作っているのが「金鶴」なのです。

金ちゃんラーメンの出発点「キンツルラーメン」

ラーメンを作り始めたのは、大手パン屋などの徳島進出の影響で小麦粉の売り上げが落ちたため、自ら小麦粉を使った製品作りに乗り出したというわけです。
そして昭和40年、即席ラーメン「キンツルラーメン」が発売。

しかし、「キンツルラーメン」という名前のほかの商品があったため、1ヶ月ほどで「ナルトナミキンツルラーメン」と商品名を変えました。この「ナミキンツル」という名前は鳴門の渦潮からとったそうです。
「ナルトナミキンツルラーメン」がさらに名前を変えて誕生したのが「金ちゃんラーメン」なのです。

「金ちゃん」の誕生!

TVコマーシャルの時間が短いということから「ナミ」を省き、さらに商品名を短くするためにキンツルの「金」の文字に親しみを込めた「ちゃん」を付けておなじみの名称となりました。
こうして昭和42年、ついに「金ちゃんラーメン」が誕生しました。

パッケージイラストのおじさんは元々「金ちゃん」だったわけではありませんでした。実は「金ちゃん」とは人ではなく小麦粉の事だったのです。
それがだいぶ後になって、イラストのおじさんを正式に「金ちゃんということにしよう」となりました。
ちなみにイラストのモデルは特にいないらしく、社長をモデルにしたという訳でもないようです。