はじめに ~豊かな食生活に奉仕する徳粉の小麦粉~

はじめに
~豊かな食生活に奉仕する徳粉の小麦粉~

徳島製粉は、徳島県で唯一の製粉会社です。徳島はご存知ですか?

四国4県の中のひとつで、吉野川をはじめ山や海がとてもきれいな所です。

自然がいっぱい、水も空気もおいしいこの徳島に、わが社は生まれ、地元の皆様にささえられながら今日に至っています。

わが社は1943年に生まれ、「お客様に喜ばれる味」と「安全・安心な食品」の提供に努めてまいりました。

原料となる小麦は、育った環境や気候、保存状態で品質が左右されるデリケートなもの。
わが社で製造した良質小麦粉は、それぞれのニーズに合ったものをお届けできるよう努めています。

また徳島製粉では、自社製造の小麦粉を使用し、金ちゃんヌードルをはじめとする即席めんの製造、販売も行っています。

これらの商品をご愛顧頂いている方々に感謝するとともに、新旧製品共々、”長く皆様に愛される商品”を目指して頑張ってまいりたいと考えております。

会社概要

社名
徳島製粉株式会社
所在地
【本社・工場】
〒770-8063 徳島県徳島市南二軒屋町3丁目1-8
TEL : (088)622-9186
FAX : (088)622-9163
工場
【本社工場】製粉工場、製麺工場(即席カップ麺・袋麺)
【小松島工場】製麺工場(生タイプ麺)
販売エリア
東北地区 関東地区 北陸地区 静岡地区 愛知地区
近畿地区 中四国地区 九州地区
創立年月日
1943年(昭和18年)1月
資本金
2,920万円
従業員
130名
営業種目
製粉業、めん類製造業
取引銀行
阿波銀行 二軒屋支店
年商
80億

本社・工場

会社沿革

昭和18年1月
会社創業(原麦から製品まで政府統制時代)
昭和27年
小麦粉の販売のみ政府管理から外れ自由になる
昭和28年
学校給食の開始と共に小麦粉の委託加工を行う
昭和38年
第二室戸台風により高潮の被害を受ける
5階建て鉄筋コンクリート新工場を建設し、小麦粉製造設備を明治機械へ一式更新する。
昭和39年
即席ラーメンの研究開始
昭和41年
ナルトナミキンツルラーメン(袋めん)製造販売
昭和42年
金ちゃんラーメン製造販売
TVコマーシャル放映開始
昭和46年
金ちゃんヌードル(カップめん)を全国に製造販売
昭和49年
小松島工場 新設
昭和50年11月
縦型タイプの金ちゃんきつねうどん製造販売
昭和51年
松茂工場 新設(現在徳島空港敷地)
昭和53年7月
丼型タイプの金ちゃんきつねうどん製造販売
昭和54年8月~昭和55年9月
小麦粉製造設備をビューラーミアグ社製に一新
日産169.6トンとなる。
昭和56年5月~8月
原麦サイロ 150トン×10基
製品サイロ 30トン×10基
ふすまサイロ 18トン×5基 設置
パッキング室 新設
不二輸送機によるパレタイザー 2基 設置
昭和57年
高額商品 金ちゃん飯店焼豚ラーメンの販売開始
昭和58年2月
小松島工場 FD麺製造開始
「中華麺」を生産
平成元年7月
FD麺の生産中止
平成2年10月
新試験室、会議室を建設。
平成3年8月
小松島工場LL麺へ変更
生タイプうどん製造販売
平成4年3月
バルク車を購入し、トラックスケールを新設。
平成7年11月
バラ出荷専用の新サイロ増設
・製品サイロ   42トン×12基
・ふすまサイロ  24トン×6基
平成9年4月
パレタイザーをアーム式ロボットへ交換。
平成9年6月
精選工程設備一式更新
平成11年6月
口封機(アモタイプ)へ交換
バイブロコンベヤー設置
平成13年8月
金ちゃん鍋焼うどん新発売
平成13年9月
バルク車購入(合計2車)
平成14年6月
ピュ-リファイヤー基交換
平成18年7月
ISO22000取得
平成21年
縦型タイプ製造ライン新設
平成25年
小松島工場殺菌コンベア取り換え
平成28年5月
丼型(焼そば等)プラスチック蓋をトップシールへ変更